MENU
カテゴリー

みのもんたが痩せたのはなぜ?現在はパーキンソン病でうつ病だった?

当ページのリンクには広告が含まれています。

「秘密のケンミンSHOW」などの司会をされていたみのもんたさん。

痩せたということが話題になっていました。

2021年頃から激ヤセのウワサが出ていましたが、どうして痩せてしまったのか気になっている方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、みのもんたさんが痩せた理由についてまとめてみました

スポンサードリンク
目次

みのもんたが激ヤセしたのはなぜ?

みのもんた激ヤセ1

名前:みのもんた
本名:御法川法男(みのりかわのりお)
生年月日:1944年8月22日

みのもんたさんといえば「おもいッきりテレビ(2003年終了)」「秘密のケンミンSHOW」「クイズ・ミリオネア」などの司会をされていて有名でした。

黒光りしている笑顔のちょっとふっくらした体型の中年男性という感じの印象を持っている方もいらっしゃるかと思います。

みのもんたさんといえば2021年にテレビ業界をすべて引退されているのですが、現在のお姿が痩せたということが話題になりました。

みのもんた激ヤセ2

こちらに2012年頃(68歳)と2021年頃(77歳)に撮影された写真の比較を載せてみました。

約10年くらいで結構、顔周りがコケているように感じますよね。

みのもんた激ヤセ7

また、2021年11月1日に放送された「学校へ行こう!2021」という番組の「未成年の主張」というコーナーにサプライズ登場した際に痩せたことがネット上で話題になりました。

上記の写真を見た感じでも痩せたなあという感じがわかりますね。

実は、みのもんたさんが痩せてしまった理由について調べてみるととある病気が関係していることがわかりました。

スポンサードリンク

みのもんたが痩せた理由は「パーキンソン病」

みのもんた激ヤセ3

みのもんたさんなんですが、2019年秋頃にパーキンソン病であることを診断されていました。

当時、知人の葬儀に参列された際に”じっと立っているのが辛い”と感じて病院で検査を受けることにして発覚。

長年、人間ドッグを定期的に受けていたのですが急に発覚されたのだとか。

ちなみにパーキンソン病というのはこのような病気です。

パーキンソン病とは?

脳の神経細胞が破壊されて神経伝達物質のドーパミンが減る難病。

動作が遅くなったり、手足の震えなどが起こる。

実はパーキンソン病になると多くの方が痩せてしまうと言われています。

ただし、痩せる病気ではなく太っている方も少数ではいらっしゃるそうで、平均して3~6kgほど痩せてしまうのだとか。

その原因については今もなお不明で、おそらく不安やうつ傾向になることから食欲が低下するからではないかと言われていますね。

スポンサードリンク

みのもんたは番組中に立ったまま寝ていた?

みのもんた激ヤセ5

みのもんたさんは番組収録中に”たったまま寝ていた“ということが指摘されていました。

さきほど紹介したパーキンソン病と因果関係があるかは不明なのですが、体力的に限界だったということが伺えますね。

出演していた「秘密のケンミンSHOW」でも度々居眠りをしていて、久本さんから注意を受けたこともあったそうです。

みのもんた激ヤセ6

同番組に関しては、平日に行っていたのですが1時間SPから長いと4時間SPもあるので相当、収録時間も長かったのではないかと考えられます。

年齢的にも70歳を超えたあたりから、限界を迎えていたのかもしれません。

そんなみのもんたさんは、現在どのような活動をしているのかも気になり調査してみました。

みのもんたの現在は「投資家」として活動

みのもんた激ヤセ4

みのもんたさんなんですが、2020年から水道生産・販売メーカーの「株式会社ニッコク」の社長を務めていらっしゃいました。

ただし、2021年1月に社長としては退任されていて会長職で活躍されているのだとか。

会社には、月曜から金曜まで毎日行っています。お昼の12時半ぐらいに出社して、午後3時半には退社。実のところ、会長の仕事なんて1時間もあれば終わっちゃいますから

婦人公論

つまり、会社にいても会長職としてあまりお仕事はなかったといういことなのでしょうね。

また、2021年3月にテレビの司会業などのレギュラー番組なども降板・終了となっていたのですべてのお仕事を辞められたということになりますね。

また、2023年9月には同会社の株を売却されていました。

ただし、みのもんたさんは別の企業の大株主でもあるのですが、20年近く保有している「愛知時計電機」という企業の株は保有されたままなのだそうです。

つまり、現在みのもんたさんはテレビ業界から離れて投資家として活躍されているということなのでしょう。

スポンサードリンク

コメント

コメントする

目次