MENU
カテゴリー

丘みどりの若い頃(昔)もかわいい!アイドルから演歌歌手になった経緯

当ページのリンクには広告が含まれています。

演歌歌手として活躍されている丘みどりさん。

今でこそ演歌のイメージがありますが、アイドルをしていた時期があるんですよね。

若い頃(昔)の丘みどりさんもすごくかわいいと話題になったことも。

この記事では、丘みどりさんの若い頃(昔)のアイドル時代についてまとめてみました。

目次

丘みどりの若い頃(昔)もかわいい!

名前:丘みどり
本名:丘美里(おかみさと)
生年月日:1984年7月26日
血液型:A型
出身:兵庫県
事務所:アービング

丘みどりさんは、2002年に本名と同じ名前「岡 美里(おか みさと)」で芸能活動を始めました。

2005年頃から現在の芸名「丘みどり」に改名をしたと同時に演歌歌手としてデビュー。

実は、丘みどりさんが芸能界デビューをしたのは、18歳の頃(2002年)からでホリプロ所属のアイドルグループで活躍されていました。

こちらが当時の丘みどりさんになります。

スタイル抜群で、ハツラツとした印象ですよね。

岡美里(おか みさと)として活動していたのは約3年間で、5人組アイドルの1人として活躍されていました。

丘みどりのアイドル時代のユニット

活動期間:2002年~2003年9月

丘みどりさんがアイドル時代に所属していたのは、ホリプロ大阪所属の5人組アイドルグループ「HOP CLUB(ホットクラブ)」というユニットになります。

ただユニットに関しては、2003年9月に卒業。

どうやらこちらのグループでは、歌よりもバンジージャンプなどのようなバラエティ要素のオファーが多かったらしく

やっぱり演歌歌手になりたい

ということで卒業を決めたのだとか。

アイドル時代は、くりーむしちゅーの有田さんとも共演したことがあり、真冬の海に突き落とされるロケについては「落ちる前にマイク外しなさいよ」とアドバイスも頂いたことがあるようです。

ただ、芸人並みに体を張っても容赦なくカットされてしまったらしく貴重な経験も多かったようですね。

丘みどりがアイドルから演歌歌手になった経緯

丘みどりさんがアイドルを辞めて演歌歌手に転身された理由は、バラエティタレントではなく「歌を歌いたい」という思いからでした

実は丘みどりさんなんですが、5歳の頃から民謡を習い始め小学校5年生のときに出場した「兵庫県日本民謡歳」で史上最年少で県名人に選ばれ、11歳の時に民謡コンクールで優勝しました。

幼少期から歌を歌うのが好きで、小学校時代の夢が演歌歌手だったんですよね。

ただ、演歌歌手になる方法がわからないということから18歳の時に雑誌に乗っていたオーディションを受けてアイドルデビューします。

アイドルを卒業し音楽の専門学校で歌を学び直したところ、関西のカラオケ番組で中村美律子さんの「河内おとこ節」を歌ったことが事務所の社長の目に止まり演歌の道を開くことができました。

結果的に演歌歌手になることができたのもアイドルデビューをしたおかげかもしれませんね。

まとめ:丘みどりの若い頃

丘みどりさんは、演歌歌手のイメージがありましたがアイドル時代も今と変わらず美人ですよね。

結果的に幼少期の夢を叶えることができたのですが、面白い経歴だなあと感じました。

これからも活躍されていくことを応援したいですね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次