MENU
カテゴリー
Blog Rankng
ブログランキング・にほんブログ村へトレンドニュースランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村

高梨沙羅のメイクがかわいい!整形ではなくオルチャンメイクだった

当ページのリンクには広告が含まれています。

スキージャンプの日本人アスリートとして知られている高梨沙羅さん。

20歳を越えたあたりからルックスについても注目され「別人になった」「かわいい」「整形したの?」というような意見も多くありました。

ですが、メイクではないかともウワサされていました。

この記事では、高梨沙羅さんが整形ではない理由について紹介します。

目次

高梨沙羅の顔がかわいくなった?

高梨沙羅さんが美人になっていくにつれて、「整形したのではないか?」と疑問を持たれる方もいると思います。

10代と20代の高梨沙羅さんと比べたときに、多く言われていたのが顔の4ヶ所について変わったという意見が多く見られました。

  • 目が大きくなった
  • 鼻が変わった
  • アゴが変わった
  • おでこが膨らんだ

では時系列で写真も見ていきましょう

10代の高梨沙羅

高梨沙羅さんが19歳(2015年頃)の写真がこちらです。

この頃は、ほぼすっぴんのような素朴な女の子という感じがしますし、高梨沙羅さんといえばこの頃の印象が強いと思います。

ちょうど19歳の頃からメイクするようになりマスコミのインタビューでも取り上げられるほど注目されていました。

20代の高梨沙羅

そして、こちらが23歳(2019年頃)の写真になります。

ただ、可愛くなったという意見の一方で「アスリートなのに調子に乗っている」というような意見も出ていたりします。

でも23歳の年頃の女の子であれば、オシャレしたい時期だと思います。

成績も確かに大事なのですが、テレビなどのメディアに出る機会も多くなりましたし、10代のあどけなさでずっといることは難しいですね。

高梨沙羅の顔が変わったのは整形?

高梨沙羅さんが整形したというのは、本人も「していない」と否定されています。

また、美容外科の専門家の方もインタビューで以下のように回答しています。

いくつか高梨さんの写真を見ましたが、整形手術はしていないと思います

 日本医科大の百束比古名誉教授(美容外科・形成外科)は疑惑を一蹴する。

https://www.dailyshincho.jp

つまり、整形ではなくメイクの可能性が高いということですね。

さらに、高梨沙羅さんは2016年8月から資生堂の日焼け止め美容コスメ「アネッサ」がスポンサーに付いています。

アネッサは、コンセプトの一つに「汗・水に勝つ!スポーツメイク」があり過酷な状況でも崩れにく美しさをキープするというのがあります。

スポンサーとしては、メイクしても崩れないでほしいはずなんですよね。

だから、濃いめのメイクになっていることが考えられます。

それに、顔の整形というのは怪我の危険性が増すため簡単に整形に手を出すというのは考えにくいです。

  • 専門家の意見
  • スポンサー
  • 怪我のリスク

以上の3点を考えると高梨沙羅さんが整形していない可能性が高いという結論になると思います。

高梨沙羅の顔は整形ではなくオルチャンメイク

高梨沙羅さんの顔に関しては、おそらくオルチャンメイクではないかと言われています

オルチャンメイクとは?

オルチャンとは韓国語で“顔が最高”を意味し、太い平行眉や濃いアイライン、プクッとした涙袋などが特徴。

オルチャンメイクなんですが韓国で当時人気のメイクなんですよね。

2018年頃から韓国のメディアでも高梨沙羅さんについても取り上げられることが多くなり、こんな内容の記事が出ていました。

もともと、高梨選手がメイクで注目を浴びだしたのは彼女が19歳の頃から。メイクについてマスコミにインタビューされると、先輩に教わるなどして見よう見まねで始めたことを報告し、「(すっぴんは)もう絶対できない!」と宣言。

https://www.excite.co.jp

また、鼻についても一見プロテーゼを入れているようも思えますが、よく見ると花の形状自体が変わったわけでなさそうです。

高梨沙羅さんがメイクをし始めた頃によくノーズシャドーを入れすぎてしまうということが悩みだったみたいなんですよね。

「メイクを覚えたての頃は、鼻にノーズシャドーをいれすぎていたり、アイシャドウや眉毛が濃すぎて目の周辺が浮いて見えるなどし、世間的にも『似合っていない』『前の純朴な雰囲気のほうが好き』と不評の声が多かったんですよね。

https://www.excite.co.jp/

かなり濃い目のメイクをしてしまう傾向があるらしいですね。

高須クリニンクのインタビューの内容

このことについては、高須クリニックの高須克弥院長が2017年頃のインタビューで以下のように答えていました。

あれくらいなら、アイプチとメイクでイケますよ。お化粧が上手になっただけじゃないの? 人気が出ると腕の良いカメラマンに写真を撮ってもらえるようになるしさ。  もし可能性があるとしたら、埋没法はやってるかもしれない。でも、埋没法なんてメスを使わず、医療用の糸で上まぶたを留めて二重を作る“プチ整形”ですからね。15分ですむぐらい簡単

https://joshi-spa.jp/

目のメイクについては、アイプチなどのメイクで15分くらいで済むと言われていますね。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 沙羅さんはどこをどう見たって整形した事は当然でしょう。

    沙羅さんは目が離れていることを気にして居たのか
    目頭を切開と鼻根を高くしてそれをカバーし、
    鼻も団子鼻だったのをプロテーゼを入れて鼻筋を通していますね。

    ノースシャドウで鼻を高く見せているなんて、庇うコメントが有りますが、
    沙羅さんの以前の横顔と比較したら一目瞭然ですよ、
    ノースシャドウでは高さは出せませんからね。

    彼女はメークのよって変わったとか言っていますが、
    じゃあ、現在の沙羅さんが素顔になったら、
    以前の顔と同じ様になるのか見てみたいものです。

    今時整形なんて珍しく無いし、特にスポーツマンですから、
    「コンプレックス解消の為に整形しました~」
    と言えばそれで良かったと思うですけどね・・。

    そこを誤魔化した事で、彼女の人間性みたいなものを見てしまって、
    個人的にはその点が本当に残念です。

コメントする

CAPTCHA

目次