【竹内幸輔】腹痛ってなんの病気?死因が『大動脈解離』だと言われる理由も

声優として活躍されている竹内幸輔(たけうちこうすけ)さん。

突然亡くなったことが話題になっていましたが、亡くなる前日に腹痛を訴えていたそうです。

この記事では、竹内幸輔さんが亡くなった原因である病気について調査してみました。

声優の竹内幸輔の訃報

名前:竹内幸輔(たけうちこうすけ)

生年月日:1976年7月4日

出身:秋田県

竹内幸輔のTwitterはこちら

2022年6月8日に声優の竹内幸輔さんが亡くなっていたことがわかりました。

ニュースでも報道され所属していた事務所「ケッケコーポレーション」のホームページでは文章がこのような文章が記載。

亡くなった理由に関しては、触れられておらずニュースでも具体的な病名などは記載されてませんでした。

45歳という若さで急死ということもあって、驚かれた方もいらっしゃると思います。

原因はおそらく病気ではないかと噂されていました。

【竹内幸輔】腹痛ってなんの病気?

6月8日に亡くなった竹内幸輔さんは、前日の7日にこのようなツイートをされていました。

『人生の中でいちばんお腹が痛い』

これまで健康だっただけに、おそらくこの腹痛が何らかの病気だったのではないかという声も上がっていました。

実は、腹痛で亡くなった芸能人もいらっしゃって有名なのは2018年に亡くなった俳優の大杉漣さんです。

共演者と食事をとり、戻ったホテルで腹痛を訴えたという。医師によると、心臓病の中には、胸だけでなく、肩や腕、みぞおちの痛み(放散痛)を伴うこともある。狭心症や心筋梗塞の原因とその兆候を解説する。

引用元:AERAdot

大杉漣さんの場合は、ドラマの撮影で宿泊していたホテルで急性心不全で66歳で亡くなっています。

放散痛(ほうさんつう)といって、本来の病気の場所とは違う場所に痛みが生じるようで発見が遅れてしまったそうです。

そのため、竹内幸輔さんの場合ももしかすると腹痛とは直接関係がない病気の可能性も考えられますね。

ネット上でもいくつか病名が話題に上がっていて、一番可能性として高いのが『大動脈解離(だいどうみゃくかいり)』ではないかと話題になっていました。

竹内幸輔さんの死因が『大動脈解離』だと言われる理由

まず、大動脈解離とは太い血管が裂けてしまう病気のことで肩甲骨や前腕部に激痛が走ることがあるようです。

大動脈解離の詳しい説明はこちらに抜粋させていただきます。

大動脈解離とは大動脈を構成する内膜、中膜、外膜のうち内膜が破れることによって中膜に血液が入り込む状態のことをいいます。 

引用元:川崎大動脈センター

おそらく、竹内さんの場合は急性大動脈解離だったのかもしれません。

ネット上の情報で、大動脈解離になった方の中にはすぐに病院で治療を行い一命をとりとめたかたもいらっしゃるようです。

そのため、竹内さんのようにちょっとした重い腹痛だったと思って病院を受診されない方もいらっしゃるのだとか。

まとめ:竹内幸輔の病気

声優の竹内幸輔さんが2022年6月8日に亡くなっていたことが話題になっていました。

亡くなった理由に関しては公表されていませんが、腹痛が関係していた可能性が高いと言われています。

おそらく、大動脈解離ではないかと言われており、腹痛も症状の1つとして言われています。

もしいつもよりもお腹の調子が悪いなどあったら病院を受診してほしいですし、放置するのは危険だなあと改めて感じました。

当人のご冥福をお祈りします。

広告