MENU
カテゴリー

【ガンダムSEED】カガリ声優交代の理由は?喧嘩トラブルで不仲が原因?

当ページのリンクには広告が含まれています。

2002年に放送されていた「機動戦士ガンダム SEED」の劇場版が2024年に公開することが発表されました。

声優はほぼ当時のままキャスティングされていたのですが、なぜかカガリ役の声優だけ変わったことに疑問を持った方もいらっしゃるかと思います。

引退したわけでもないのにどうして交代することになったかというと、監督との不仲説が原因ではないかと言われています。

この記事では、機動戦士ガンダムSEEDの劇場版でカガリ役の声優が交代することになった理由について調査してみました。

目次

【ガンダムSEED】カガリ声優交代の理由は?

カガリ声優交代3

2023年8月8日に明らかになったのですが、TV版でカガリ役を務めていた進藤尚美(しんどう なおみ)が降板し、新たに森なな子さんがキャスティングされていました。

ちなみに、進藤さんなんですが2023年8月に稼働したパチンコ「Pフィーバー機動戦士ガンダムSEED」ではカガリ役のボイスを担当されています。

SANKYOのガンダムSEEDのカガリのCVを見ると【進藤尚美】さんと名前が記載されていました。

カガリ声優交代4

つまり、進藤さんが引退などで降板となったわけではないことがわかりますね。

ではどうして降板となってしまったのかというと

公式Twitterには声優交代の理由についてこのような投稿がありました。

カガリ声優交代8

本件につきましては、弊社および関係各位で話し合いを重ねました結果となります。

何かしらの理由があってカガリ役を降板することになったというのは、どうやらテレビ版放送時にウワサされていた監督との不仲説に問題があったのではないかと考えられます。

【ガンダムSEED】進藤尚美と監督との不仲説

カガリ声優交代5

監督:福田己津央(ふくだ みつお)
脚本家:両澤千晶(もろさわ ちあき)

進藤尚美さんなんですが、TV版の監督と脚本を担当していた福田さんと両澤さんとの不仲説というのが当時ウワサされていました。

ちなみに、福田監督と両澤さんは婚姻関係にあり、夫婦なんですよね。

当時のウワサによると、福田夫婦はガンダムSEEDのスタッフや声優陣から嫌われていたという情報がありました。

というのも、現場では脚本の上がりが遅い、いわゆる”遅筆(ちひつ)”で現場がひっ迫していたからと言われています。

つまり、進藤尚美さんとトラブルにあったというよりは現場が全体的に荒れていたということなのでしょう。

実際のところ声優陣との関係が悪化したかどうかの事実は確認できないものの、現場はドライな雰囲気だったと言われていますね。

このことが原因なのか定かではないものの監督が、SEEDの共演者の結婚式に呼ばれていなかったというウワサも出ていました。

【ガンダムSEED】福田監督は共演者の結婚式に呼ばれていない?

カガリ声優交代6

2011年8月8日に、シン・アスカ役の鈴村健一さんとルナマリア役の坂本真綾さんが結婚された際は、監督は結婚式に呼ばれなかったとも言われています。

※鈴村さんと坂本さんはファイナルファンタジーでも共演あり

普通なら共演作の1つということで呼ばれる気もしますが…

もしかすると例のウワサが本当だったといことなのかもしれませんね。

実はこのことを裏付けることが、福田監督の過去のツイートにありました。

カガリ声優交代7

福田監督は、このツイートで当時プチ炎上されています。

祝福ではなく、「他の方と仲がよかった」発言をしていることを見ても、ついつい余計なことを口走ってしまうような傾向があることがわかりますよね。

嫌われていたウワサは限りなく本当に近いのかもしれません。

現場がひっ迫していることを指摘された声優の方もいらっしゃったようですが、指摘した声優の扱いが酷かったという情報もありました。

遅筆などの指摘がきっかけとなり、担当しているキャラクターの出番が減ったり、作中でキャラクターの消滅なども多発していて『ガンダムSEEDの脚本ひどい』ということでネットで叩かれていました

これらのことを踏まえると、進藤尚美さんがカガリ役を降板したのも当時の揉め事があったからではないかと考えられますね。

公式サイトにあった「話し合いを重ねた結果」ということは、進藤さん側から共演NGのような状態が続いていたことが伺えます。

実際のところ、現場を見たわけではないのですが降板されたのもウワサになっていたことが事実だったといことなのでしょう。

【ガンダムSEED】劇場版公開と監督と脚本家

カガリ声優交代1

監督:福田己津央(ふくだ みつお)
脚本家:両澤千晶(もろさわ ちあき)

2002年10月5日~2003年9月27日までの全50話で放送された機動戦士ガンダムのシリーズ作品。

続編となる「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」は2004年10月9日~2005年10月1日までの全50話放送されていました。

また、完全新作となる劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」が2024年1月26日に公開が予定となっています。

ただ、脚本を務めていた両澤千晶さんは2016年2月19日に大動脈解離で亡くなっているため、劇場版では当時の監督とSEEDの小説版を描いていた後藤リウさんが務められるそうです。

カガリ声優交代2
劇場版の監督と脚本

監督:福田己津央

脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央

約20年ぶりの新作ということで待ち望んでいるファンも多くいらっしゃるかと思います。

テレビ版の放送された当時から密かにウワサになっていたことだったので、もしかすると当時ケンカのようなことが今でも引きずっているということなのかもしれません。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次