MENU
カテゴリー

インディアンス・田渕がひまわりを付けている理由は?本物の花じゃない

当ページのリンクには広告が含まれています。

お笑い芸人「インディアンス」のボケを担当している胸元のひまわりが印象的な田渕章裕(たぶちあきひろ)さん。

なぜ、いつも衣装にひまわりを付けているのか気になる方もいると思います。

この記事では、インディアンスの田渕さんがひまわりを付けている理由について紹介します。

目次

インディアンス田渕はどんな人?

名前:田渕章裕(たぶちあきひろ)
生年月日:1985年6月2日
担当:ボケ
血液型:A型

自称よしもとで一番元気な若手芸人として活躍されており、2009年から活動を開始しています。

インディアンスの出会いは、NSC31期生同士だったということで結成し田渕の調子のいい軽いボケをツッコんでいくという芸風で活動しています。

2016年4月には拠点を東京に移し活動されています。

インディアンス田渕がひまわりを付けている理由

インディアンス田渕さんがひまわりを付けている理由は、好きなバンドが「胸に薔薇を咲かせよう」と言っていたことから来ています。

バンドの歌詞では薔薇なのですが、田渕さんの場合はひまわりにしたのだそうです。

このことに関しては、田渕さんに送られてきたファンレターで明かされておりTwitterにて回答されていました。

こちらがそのツイートになります。

ちなみにこの問い合わせ内容について気になっている方もいらっしゃるかと思います。

以下に手紙の書き起こしをしておきました。

手紙の内容書き起こしはこちら

ぼくは奈良でお手紙をおくったことがあります。ぼくは、4月に琴似(ことに)に引っこしてきました。そしてインディアンスさんが琴似に来ると聞いてうれしくなりました。

そして前日にあせってうちわを作りました。

おわらいコンビの中で一番好きです!

質問ですがなんで、田ぶちさんはむねにひまわりをつけているんですか答えられたらお願いします。

ちなみに、「薔薇を咲かせよう」という歌詞から曲名について気になった方もいらっしゃるかと思います。

「胸に薔薇を咲かせよう」の曲名は?

「胸に薔薇を咲かせよう」というのは、ブルーハーツの『情熱の薔薇』だと思います。

こちらはブルーハーツが発売した通算9番目の代表曲になります。

1990年7月25日にリリースされた曲でTBS系ドラマ『はいすくーる落書2』主題歌として有名になりました。

インディアンス田渕のひまわり本物の花?

田渕さんが付けているひまわりは、本物ではなくコサージュ(花飾り)であることがわかりました。

このコサージュは、田渕さんのお母さんが作られたものでインディアンスが2016年4月に上京する際に渡されたものなんですよね。

ちなみに、田渕さんの実家はそうめんやさんをやっていて『揖保の糸(いぼのいと)』という600年以上受け継がれる伝統の手延製法で作られたそうめんを作っているんですよね。

きっと、田渕さんは小さいから元気なキャクターだったからひまわりが似合うということで選んだのでしょう。

まとめ:インディアンス田渕のひまわり

インディアンスの胸元にひまわりがあることが気になりますよね。

上京する際にお母さんから頂いたコサージュだということがわかりました。

小さい頃から、田渕さんを見てきたお母さんだからひまわりが似合うと思ったのでしょうし、親の愛情を感じますね。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次